社団法人 豊中青年会議所


事業目的
日本伝統国技である相撲を通じて、家族のコミュニケーションをより深くすると共に、伝統ある相撲という競技を通じて作法や礼儀を広く教育する

事業概要
元幕内力士(佐賀昇関)や十両力士・豊中に拠点を構える荒汐部屋現役力士を招き、児童を対象としてその家族で出席してもらい、家族での相撲、また子供たち同士での競技相撲、さらには元力士との稽古を行う。

2005年・2006年

事業概要 武道館ひびきにおいて相撲の競技の他に、競技終了後は本場のちゃんこを参加者へ振る舞った。
関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員長 2005社会開発委員会:森田亘委員長
2006社会開発委員会:永田浩之委員長
予算 各年約\1,500,000
成果 各年総来場者数:約200名
備考


































社団法人 豊中青年会議所 お問い合わせ