社団法人 豊中青年会議所


事業目的
1979年より子供たちのまつりとして、豊中JCが始めたチビッコカーニバル。大人も参加できるまつりとし、大曽公園から服部緑地へ幅を広げ多くの市民に憩いを提供する。

事業概要
大曽公園で第一回が始められ、第15回までチビッコカーニバルとして開催。1994年にキッズフェスタという名称となり、1997年に豊中まつりに併合されるまで、豊中JCが主催。
その後も豊中JCが商工団体主体型であった豊中まつり(大門公園で開催)を「市民による市民のまつり」と位置づけ、「まつりネット豊中(豊中まつり実行委員会)」を提案し、主体として運営。 現在は実行委員会として自立運営され、豊島公園にて実施、10万人を超える来場者を記録する豊中名物のまつりへ発展。

豊中まつりのあゆみはこちら

1979年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会開発委員会・委員長 明石高治
予算 \94,820
成果
備考

1980年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会開発委員会・委員長 山本拓司
予算 \1,490,640
成果
備考

1981年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会開発委員会・委員長 森田治男
予算 \1,806,508
成果

1982年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会開発委員会・委員長 上島喜仁
予算
成果
備考


1983年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 特別事業委員会・委員長 藤原慶直
予算 \50,000
成果
備考


1984年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 20周年準備特別室・室長 大島章
予算
成果 2,000人
備考

1985年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 文化国際委員会・委員長 西原 成拓
予算 \1,550,000
成果

1986年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 文化国際委員会・委員長 山口貴博
予算 \3,443,502
成果

1987年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ カーニバル委員会(20周年実行委員会所属)・委員長 繻エ 寧幸
予算 \3,852,846
成果

1988年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 文化国際委員会・委員長 長谷川龍司
予算 \3,383,205
成果

1989年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 文化開発室・室長 辻中弘敏
予算 \3,732,050
成果

1991年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ カーニバル委員会・委員長 金ヶ江裕之
予算 \3,552,720
成果

1992年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ カーニバル委員会・委員長 平井勝男
予算 \5,680,197
成果

1993年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 豊中まつり連絡会議・議長 平井勝男
予算 \1,115,000
成果

1994年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ キッズフェスタ連絡会議・議長 寺井勝
予算 \150,026
成果

1995年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ キッズフェスタ事務局出向者会議・議長 赤瀬川勝雄
予算 \50,000
成果

1996年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 青少年開発委員会・委員長 川戸正則
予算
成果 行政・商工会議所・豊中JCが豊中まつり見直し検討会議を開催し、これまでの行政、商工団体主導型から「市民による市民のまつり」という市民主導型に転換しはってんさせようと発句した。

1997年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 未来塾、青少年開発委員会 平井勝男
予算
成果 全体的な参加は認められず、一部のブース参加であった。企画にも参加できず市民代表としての意見も伝わらなかった。

1998年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会開発委員会 豊中まつり担当委員長 金像克始
予算
成果 市民、企業、団体のパイプ役になろうと、JCとして全員参加した。各委員会が各事業部会に精一杯であった。パイプ役という役割はメンバーの中にも認識がなくはたせなかったが運営会議でもJCの意見が取り入れられるようになり、まつり自体も成功した。

1999年

関連団体(共催・協賛・後援) 豊中商工会議所
実行委員会/スタッフ 市民まつり推進実行会議・議長 松下高明
予算 \105,959
成果 事業部会等を市民に移行させようと、まつりネット豊中を立ち上げ、これを支援しようと掲げた。(市行政財政問題により、市民活動支援予算としてこれまでの半分の予算となる。)

2000年

関連団体(共催・協賛・後援) 豊中市議会
実行委員会/スタッフ 市民まつり推進実行会議・議長 桑田一男
予算 \127,720
成果 まつりネット豊中の自立支援を掲げ、JCとして当日のみの参加と個人として企画からの参加という2つの方法で豊中まつりに関わった。まつりネットのメンバーの過半数が一般市民となってきたが、JC以外の市民の中から部会長や運営側に就く者が少なく、JCメンバーが中心とならざるを得ないところが残っている。

2001年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会創造委員会(社会開発室) 室長 金像始
予算 \127,720
成果 JC内に豊中まつりへの参加を呼び掛けた。当日参加に関してはまつりネット豊中にも多数折られるが、企画からの参加や運営に携わる方が不足しているということから

2003年

関連団体(共催・協賛・後援)
実行委員会/スタッフ 社会起業家実践委員会・委員長 石那田隆之
予算
成果

社団法人 豊中青年会議所 お問い合わせ