社団法人 豊中青年会議所


事業目的
騒音問題、関西空港設立に向かった存続の問題を始めとした大阪国際空港の持つ様々な問題に対して、一般市民またはJCメンバー内における意識向上を図る。

事業概要
大阪国際空港の持つ様々な問題解決に対する調査ならびに研究。

1982年

事業概要 大阪BLにて「関西新国際空港計画」問題に対するメンバー全員の意識調査
1、あなは年間現大阪国際空港を利用されますか
2、日本にとって、24時間開港の国際空港が関西に必要と思いますか
3、あなたは関西新国際空港が必要だと思いますか
4、関西新国際空港が関西、大阪へ与える影響は
5、関西新国際空港があなたの地域へ与える全般的影響は
6、24時間開港の新国際空港ができた場合現大阪伊丹空港が必要か
7、24時間開港の新国際空港にふさわしい施設は
8、関西新国際空港ができるならば、あなたにとってどのようなものが必要と思われるか
9、関西新国際空港に対して、あなたは経済人として、どのような対応策を考えておりますか
10、あなたは関西新国際空港の候補地として泉州沖が妥当と思うか
備考

1983年

事業概要 現大阪空港が豊中市にとっていかなる存在かを市民の代表者と共に考え、青年会議所が行う社会開発運動の一つの糧とするため勉強会を行う
パネラー:豊中市空港対策課職員他3〜4名
空港に関する税の収支
空港がもたらす雇用効果
公害問題
周辺事業
備考

1984年

事業概要 大阪国際空港に関する決議書作成
〜中略〜
<総評> 「大阪国際空港」は存続すべきであると確信する。
備考

1985年

事業概要 大阪国際空港隣接4LOM座談会
各LOMでの空港問題を再確認するとともに、空港をふまえた今後のまちづくりでの研究に、広域的、多面的視点を持つため、
・空港存廃問題
・空港周辺整備問題
・公害問題
・空港に関する広域的な問題
に関する情報交換・研修を行う。
備考

1987年

事業概要 空港フォーラム
空港を利用することで豊中市の21世紀像を市民と一緒に考え、話し合う。
予算 1,300,000円
動員 JC:20名・来訪JC:10名・OB:10名・一般60名
備考

1988年

事業概要 大阪国際空港問題について運輸省に「存続要望書」提出
備考

1990年

事業概要 大阪国際空港存続運動、運輸大臣に提言書を提出
市民アンケート調査の実施
備考

社団法人 豊中青年会議所 お問い合わせ